クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代



監督:ミシェル・マリー
脚本:アリアナ・マレリ
スペシャルゲスト:ロレンツォ・リケルミー、リリー・コール

2018年/イタリア/イタリア語・ドイツ語・英語/カラー/90分/日本語吹替 原題:KLIMT & SCHIELE EROS AND PSYCHE
配給:彩プロ

6月8日(土)より、シネスイッチ銀座ほかにて全国順次公開!

20世紀初頭、中央ヨーロッパの中心だったウィーンの黄金時代は終わりを告げ、保守的だったウィーンにおいて、グスタフ・クリムトとエゴン・シーレは、人間の不安や恐れ、エロスや官能を描いた新しい絵画の手法を通して、それまでとは異なる革新的な芸術作品を生み出していった。

本作は、ウィーンにあるアルベルティーナ美術館、ベルヴェデーレ美術館、美術史美術館、レオポルド美術館、ジークムント・フロイト美術館、そしてウィーン美術館を通して、グスタフ・クリムトとエゴン・シーレの作品、そしてその時代のウィーンを巡るドキュメンタリー映画となっている。

今年日本では、クリムトとシーレの没後100年を記念して(1918年没)、4月23日から上野にある東京都美術館で、日本で過去最多の20点の油彩画ほかが展示される「クリムト展」が、そして、4月24日からは、六本木にある国立新美術館で、19名世紀末から20世紀初頭のウィーンを舞台に花開いた世紀末文化を紐解く「ウィーン・モダン クリムト、シーレ世紀末への道」が開催され、空前のクリムト、シーレ ブームが到来することが予想される。本作はそのようなベストなタイミングでの公開となる。また、本国イタリアでは、昨年3日間のみ限定上映され、50万ユーロ(日本円で約6千250万円)をあげる大ヒットを記録している。